産後ダイエットと授乳

帝王切開後の産後ダイエットと授乳中の食事の関係について

 

妊娠前のスリムな体型に戻すためには、産後ダイエットをする必要がありますよね。適度な軽い運動やストレッチをして、基礎代謝を上げることも大切ですが、食事の管理も同様に大切です。

 

特に帝王切開で出産した場合は、通常分娩よりも体への負担が大きく、傷口の回復に時間もかかりますので、すぐに運動というわけにはいかないですよね。まずは、その時の自分にとってできることから始めるのがいいと思います。

 

赤ちゃんに母乳をあげるだけで、実はカロリー消費しているってご存知ですか?授乳した後はお腹が減りますよね。これはカロリーを消費している証拠のようです。

 

そこで、帝王切開後の産後ダイエットは、まずは授乳することからが痩せるための第一歩と考えましょう。そして、食事について考えたり、ひとつひとつできることからやっていきませんか。

 

ちなみに、授乳中の食事についてですが、無理な食事制限は避けるようにしましょう。授乳中はお母さんの栄養が赤ちゃんの栄養でもあることを忘れないようにしないといけません。

 

食事制限してしまうと、バランスの取れた母乳という栄養が赤ちゃんに与えることができなくなってしまうようです。反対に自分の体にも良くない脂っぽいものや塩分や糖分の多いものを食べ過ぎてしまうと、それが母乳にも影響し、赤ちゃんにも良くないということがわかりますよね。

 

帝王切開後の産後ダイエットで授乳中の食事は、1日の食事の回数を4回〜5回に分けて、その1回の量を少なめにするといいようですね。できるだけ食事はゆっくりと食べるようにすると、胃や腸への負担も減りますし、満腹中枢も刺激されるようですのでお腹も満たされます。

 

また、炭水化物は白米や玄米から摂るようにし、高たんぱくで低カロリーな食事が理想的と言われています。野菜や大豆製品、キノコ類や海藻類をたくさん食べるようにするといいようです。

 

キノコや海藻はたくさん食べても低カロリーですし、お腹もいっぱいになりますので、ダイエットの強い味方です。それに、食物繊維がたくさん含まれていますので、お通じも助けてくれます。

 

帝王切開後は、傷が回復するまでお腹にあまり力を入れられないですので、便秘にならないように注意したいところです。そういう意味でも食物繊維の含まれた食品は必須かもしれません。

 

肉よりも魚を食べるようにし、栄養豊かな母乳を作るためにはカルシウムも必要です。カルシウムは乳製品からも摂ることができますので、ヨーグルトと一緒にフルーツを食べるとカルシウムと一緒に栄養も吸収することができるようです。特にフルーツの中でもバナナは栄養も豊富ですよ。

 

帝王切開後の産後ダイエットは、栄養バランスのとれた食事を心がけ、赤ちゃんの栄養のことも考えていきましましょう。

 

グリーンベリースムージーは簡単に痩せれますね

 

グリーンベリースムージーの詳細はコチラから

帝王切開後の産後ダイエット中の授乳と食事の関係について

 

帝王切開後の産後ダイエット中の授乳と食事について、母乳に良いとされる食事はダイエットにも適していると言われています。和食中心で油分(脂質)や砂糖(糖質)は摂り過ぎに注意すること、水分補給は・・・

 

続きを読む >>

 


[↑]このページの先頭へ | トップページに戻る [→]