産後ダイエットと食事

帝王切開後の産後ダイエット方法と食事との関係について

 

出産は通常分娩だけでなく、帝王切開での出産になる時もあります。帝王切開は通常分娩とは違って、お腹にメスを入れているため、体にも負担がかかってしまいます。そこで無理をすると、その後も傷口が痛み、回復するまで時間がかかります。

 

でも、そんな大変な経験をした方でも、安静にしていれば時間が経つにつれて必ず傷口は回復しますし、体調も落ち着いてくると思います。そして、その時に自分の体型を考える余裕も出てきて、産後ダイエットのことが気になり始めるかもしれません。

 

帝王切開後でも産後ダイエットは可能です。ただし、気をつけないといけないのは、自分の体に負担がかからないように、少しずつ始めていくことです。始めるにしても、まずは医師へ相談して、許可をもらってからにしましょう。

 

帝王切開後の産後ダイエット方法として、ベットの上でもできる腕や手首、足首などの簡単な曲げ伸ばし運動が中心の産褥体操というのがあります。産褥体操は、出産後の体を早く回復させる効果があり、そのために考えられたもののようですね。体を動かしていくことで基礎代謝も少しずつ上がり、痩せやすい体質づくりもできそうです。

 

それとともに一緒にしていきたのが、食事です。帝王切開後の産後ダイエット方法と食事の関係ですが、ダイエットは適度な運動と栄養バランスのとれた食事を心がけることが最も効果的と言われています。

 

1日3食きちんと摂り、決まった時間に規則正しく食べることも大切です。ただし、食べすぎには注意しないといけません。運動量がまだ少ない体でもありますので、お腹が減ったからといって、何でも食べたいものを食べていると効果がないですよね。

 

これは普通のダイエット時でも同じことですが…。高カロリーで高脂質、高塩分は避けるようにした方がいいです。

 

産後ダイエット中は、高たんぱくで低カロリーな食事を摂ることを心がけましょう。たんぱく質は、肉や魚、卵、牛乳などの乳製品、大豆製品からたくさん摂ることができます。

 

キノコ類や海藻類は低カロリーでヘルシーですし、食物繊維もたっぷりと含まれているので、帝王切開後の産後ダイエットには欠かせない食品の一つです。これだと、少々たくさん食べてもカロリーが低い上に、お腹持ちもすごくいいですので、私も毎日食べるようにしていましたよ。それと、大豆製品は良質の母乳を作ってくれるようですし、体にもいいですので、納豆を毎日食べていました。

 

ただし、甘いお菓子などの間食はできるだけ避けた方がいいと言われているものの、やはりデザートは欲しくなりますよね。バナナなどのフルーツやヨーグルトぐらいなら食べてもいいようですが、それだけでは、やがて飽きてきます。そんな時は、木目の細かいやわらかい絹豆腐にきな粉と黒蜜をかけて、プリンのようにデザートとして食べると意外とおいしいですし、健康的ですよ。

 

帝王切開後の産後ダイエット方法として、運動によるエネルギー消費があまりできない間は、食事を見直していくことからおすすめします。

 

グリーンベリースムージーは簡単に痩せれますね

 

グリーンベリースムージーの詳細はコチラから

産後ダイエットと食事のおすすめメニューについて

 

帝王切開で出産した場合でも、産後ダイエットしても大丈夫かな?って思うことがあるかもしれません。出産した直後は、お腹に傷もありますので、痛みもありますし、体にも大きな負担がかかっていますので・・・

 

続きを読む >>

 

産後ダイエットでおすすめの食事レシピを紹介します。

 

食事面からダイエットしていくといいですよ。食生活を見直すことはすぐに始められることですし、できることから始めるのがダイエットが長続きする秘訣でもありますよ。帝王切開後の産後ダイエットでおすすめの食事レシピを・・・

 

続きを読む >>

 

産後ダイエット中の食事量についてどうしたらいいのか?

 

運動でカロリーを消費できないのであれば、食事でのダイエットをすることから私も始めていきました。そこで、帝王切開後の産後ダイエット中の食事量について考えていきましょう。ダイエットというと、ついつい食事制限を・・・

 

続きを読む >>

 


[↑]このページの先頭へ | トップページに戻る [→]