帝王切開後の産後ダイエットと食事のおすすめメニューについて

帝王切開後の産後ダイエットと食事のおすすめメニューについて

 

帝王切開で出産した場合でも、産後ダイエットしても大丈夫かな?って思うことがあるかもしれません。出産した直後は、お腹に傷もありますので、痛みもありますし、体にも大きな負担がかかっていますので、安静にしていた方がいいです。

 

はじめは産後ダイエットなんてとんでもない…と、私も思っていたのですが、傷が回復して体調も落ち着いてくると、やはり、自分の体型が気になり始めました。自分の体の回復具合や体調をお医者さんに相談しながら、少しずつ産後ダイエットを始めましたよ。

 

通常分娩の産後ダイエットであれば、体調が落ち着いてきたら軽いストレッチ運動などから、少しづつ体を動かすことができるようになります。産後ダイエットには適度な運動が必要なようですが、帝王切開後の体には少しきついですよね。

 

帝王切開後の産後ダイエットは、お腹に負担がかかるような運動は避けた方がいいと言われています。なので、運動は徐々にすることにして、私の場合は食生活の見直しから始めました。健康的に痩せるためには、毎日栄養バランスのとれた食事メニューを心がけるといいと思います。

 

入院中の食事は、お粥や味噌汁、野菜の煮物、魚の煮付けといった野菜中心の食事メニューだったと思います。そこで、退院後も毎日野菜をたくさん食べるようにし、あっさりとした味付けの食事メニューにしました。そして、海藻類やキノコ類、大豆食品など、食物繊維もたっぷりと摂れるようにするといいですよ。

 

ところで、帝王切開後は便秘が一番困るんですよね。排便時、傷口が痛むことがありますので、お腹にあまり力を入れることができませんので、便秘は避けたいところですよね。母乳を作るために水分も取られてしまいますので、しっかりと水分補給することも忘れないようにしましょう。

 

赤ちゃんに母乳をあげることを考えると、あまり便秘薬などの服用も避けたいところです。なので、毎日の食事メニューには、必ず食物繊維がたくさん取れる食品を入れるようにしましょう。

 

ヨーグルトやプレーンなどを摂ると、腸内環境を整えることができるようですので、おすすめです。私も朝食とともによく食べるようにしたり、間食したい時によく食べていましたよ。

 

ただし、母乳をあげるとすごくお腹がすいてしまいいますので、食べ過ぎだけには注意しましょうね。授乳することでカロリー消費もするようですが、ついつい食べ過ぎてしまわないように。

 

帝王切開後の産後ダイエットは、最初は無理に体を動かすようなダイエットはせずに、食事メニューから改善していくことをおすすめします。傷口がしっかり回復して、体に負担がかからず動けるようになってからでも、ダイエットは十分間に合いますよ!