帝王切開後の産後ダイエット中の食事量についてどうしたらいいのか?

帝王切開後の産後ダイエット中の食事量についてどうしたらいいのか?

 

帝王切開後の産後ダイエットってどういうふうにしたらいいのだろう?って思いますよね。普通分娩とは異なり、お腹を切っていますので、当分はお腹に痛みを感じますし、お腹に力を入れることができません。

 

そんな状態ですのに、運動するなんていうのはとても想像できませんよね。普通分娩でも産後ダイエットは産後1ヶ月頃からと言われています。なので、帝王切開後の産後ダイエットは産後2ヶ月が過ぎたぐらいからゆっくりと始めるのがいいようですよ。

 

その頃には体も大分回復していますが、運動は動けるようになってから少しづつ始めていけばいいと思います。でも、2ヶ月間もゆっくりすると言っても、何も運動もせずにいると余計に太ってしまうのでは…と心配になるかもしれません。

 

運動でカロリーを消費できないのであれば、食事でのダイエットをすることから私も始めていきました。そこで、帝王切開後の産後ダイエット中の食事量について考えていきましょう。

 

ダイエットというと、ついつい食事制限をしてしまいがちですが、それは避けた方がいいようです。ただでさえ、産後のお母さんは母乳でカルシウムが不足しているようです。そんな時期に食事制限してしまうと、必要な栄養分も摂取できない上、特に、帝王切開後の場合、体の回復を遅らせてしまう可能性もあります。

 

普通のダイエット時でも、栄養分が足りないと体も疲れやすくなりますし、いろいろと支障をきたします。特に産後、そして、帝王切開後は何よりも体の回復を一番に考えていきたいところです。そのためにはしっかりと食べてないといけません。

 

でも、しっかりと食べると言っても、大切なのは、その量です。帝王切開後の産後ダイエット中の食事量は、1日3食は必ず摂るようにすることはもちろんですが、食事の量よりも質を大事にした方がいいようです。そこで、1食の食事量は少食を心がける代わりに、その中に必要な栄養をたっぷり摂れるようにしましょう。

 

栄養のバランスのとれた食事を摂ることで、質の良い母乳を作ることができ、赤ちゃんに栄養を届けることがもできます。そして、自分の体にも栄養が行き渡りますので、体の調子も良くなりますし、運動するためにも少しでも早く回復していきたいですもんね。

 

それから、母乳で育児をしていると、すぐにお腹が減るようになります。その理由は、母乳を作るために取り込んだ栄養分を使い、エネルギーを消費してしまうようです。しかし、ここでお腹が減ったからといって、食べすぎないように気をつけないといけません。

 

母乳で育児をしている時は、できるだけ1食の食事量を減らし、1日4食〜5食にしてもいいようです。ただし、高たんぱくで低カロリーな食事にすることを忘れないように、気をつけていきましょうね。