帝王切開後の産後ダイエット方法と食事は何を食べるといいか?

帝王切開後の産後ダイエット方法と食事は何を食べるといいか?

 

出産したら、まずは一刻も早く元の体型に戻したいと思う気持ちがありますよね。でも、帝王切開で出産した場合、お腹の傷のこともありますし、産後ダイエットなんてできるのかな?と思いますよね。

 

帝王切開出産の場合は、産後は基本的には安静にしていないといけないですし、普通分娩よりも体への負担も大きいです。そして、体の回復にも時間がかかりますし、普通分娩の産後ダイエットとは少し事情も異なってきます。

 

でも、帝王切開後でも産後ダイエットはできます。ただし、お医者さんと相談し、許可が出てから始めましょう。

 

傷の痛みもなくなり、産後2ヶ月頃には体調も落ち着いてくると思いますので、とにかく焦らずにゆっくりと始めていきましょう。産後ダイエットは産後1ヶ月〜6ヶ月が痩せやすい時期と言われています。ですので、焦らなくても大丈夫です。

 

では、帝王切開後の産後ダイエットで食事は何を食べるのか?

 

産後2ヶ月は無理な運動は避けた方がいいと言われていますが、産褥体操なら産後すぐでも始めることができるそうです。産褥体操は簡単な運動で、産後の体の回復に大切な体操のようです。

 

ベッドに寝転んだまま、両手首や両足首をグルグル動かすだけなど、それだけでも血の巡りが良くなり、代謝力が高まっていくようです。

 

次は、産後ダイエット中の食事です。

 

帝王切開後の産後ダイエットでも、これは普通分娩と同じです。栄養バランスの良い食事を規則正しく毎日摂ることが大切のようです。産後はどうしても、育児や家事で忙しく、食生活もおろそかになりがちですが、食生活もダイエットを成功させる秘訣のひとつです。

 

赤ちゃんに母乳を飲んで元気に育ってもらうためにも大事なことですよね。

 

では、どのようなものを中心に食べるといいか?

 

産後ダイエットの食事は、高たんぱく質で低カロリーがキーワードになります。洋食よりも味付けもあっさりとした和食中心の食事がいいようです。植物性たんぱく質をたくさん摂るには、例えば、大豆食品や野菜、きのこ類、海藻類がおすすめです。カロリーが低い上、お腹もちもいいですし、ダイエットに効果的な食物繊維もたっぷりと含まれています。

 

動物性たんぱく質は肉類ではなく、できるだけ魚類から摂るようにしましょう。気をつけないといけないのは、高脂質・高塩分な食事を控えること。脂っぽい揚げ物や味の濃いものは高カロリーですし、できるだけ避けるようにした方がいいです。

 

また、ついつい間食もしたくなると思いますが、糖分の摂り過ぎにも注意が必要です。甘いお菓子は魅力的ですが、私もフルーツやヨーグルトを食べるようにしたり、ジュース類もお茶やミネラルウォーターを飲むようにしていましたよ。

 

まずは、体が回復する前は、食生活の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。