帝王切開後の産後ダイエットと食事制限についての注意点

帝王切開後の産後ダイエットと食事制限についての注意点です。

 

出産した後、赤ちゃんが無事に生まれた喜びとともにやってくるのが、少しでも早く妊娠前のスリムな体型に戻したいという気持ちだと思います。これは通常分娩で出産した方も帝王切開で出産した方でも変わらない思いですよね。きっと皆さん頭に浮かべられるのは、産後のダイエットのことだと思います。

 

でも、帝王切開で出産した場合は、お腹を切っているのでしばらくは痛みも残っていますし、まずは絶対安静にしていないといけません。そこで、産後ダイエットを始めるのも医師の指示に従って、許可が出てから始める方がいいです。

 

産後すぐにお腹に力を入れるような運動をするわけにはいきませんよね。お腹の引き締めに役立つガードルなども、帝王切開の場合は、お腹を締め付けて負担がかかるため、注意が必要のようです。

 

産後ダイエットには、運動するのも効果的ですが、食事も大切なダイエット方法です。帝王切開後の産後ダイエットと食事制限についてですが、食事制限するようなダイエットは避けるようにしないといけないようです。

 

それに、食事制限することで、ストレスやリバウンドの原因にもなります。食べ過ぎてしまってはいけませんが、必要な栄養素はしっかりと摂るのが理想的と言われています。

 

栄養バランスのとれた食事を1日3食、必ず食べるようにした方がいいようです。食事制限すると、母乳への分泌にも影響してきますし、産後の肥立ちが悪くなる恐れがあると言われています。(産後の回復が順調ではないという意味だそうです。)

 

通常のダイエットでも食事制限はあまりよくありませんが、帝王切開で出産した場合は、特に気をつけないといけないようです。

 

帝王切開後の産後ダイエットは、厳しい食事制限をして急に体重を落とすことを考えるのではなく、焦らずゆっくりとされることをおすすめします。食事の量というよりも、どちらかというと食事の内容についてよく考え、必要な栄養分を摂取できるようにしていきましょう。

 

それから、脂質や糖質、塩分は極力控えるようにしましょう。脂っぽいものや味の濃いものはさけ、野菜を多く摂るようにするといいですよ。そして、たんぱく質は肉類よりも魚類から多く摂るように心がけ、洋食よりも和食中心の食生活がいいようです。

 

野菜は先に食べることで脂肪の吸収を抑える効果もあるようです。カロリーも控えめですし、野菜には栄養分も豊富ですので、私もたくさん食べるようにしていました。サラダにして生野菜を食べるのが飽きてきたら、温野菜にして食べるといいと思います。

 

帝王切開後の産後ダイエットは自分の体調を一番に考え、ゆっくりとできることから始めていきましょう。